Endpoint エージェント簡易設定ガイド【前編】

による投稿 2020年5月9日
2020年5月10日

Endpointエージェント監視のメニュー説明

Endpoint エージェントにより収集されるデータから、下記のメニューの可視化と監視が可能です。

1. 管理者が指定したドメインへのユーザーアクセス
2. 定期的に自動実行されるユーザー端末からWebアプリへのアクセス体験値と接続性
3. ローカルネットワークの監視(ルーター、DNSサーバー、プロキシ、VPNサーバー)

Endpoint エージェントの概要については「エンドポイント・エージェントに関するよくあるご質問」も合わせてご参照ください。

Endpoint エージェントにより収集されるデータから、下記のメニューの可視化と監視が可能です。

Enterpriseエージェントのインストール (オンラインマニュアルはこちら)

1. ThousandEyesのアカウントにログイン、Endpoint Agents > Agent Settings からWindows, MacOS用のインストーラーをダウンロード:

Windows, MacOS用のインストーラーをダウンロード

2. インストーラーを起動後、画面の指示に従ってインストール

インストーラーを起動後、画面の指示に従ってインストール

3. MS Edge/IE11、Google ChromeにてThousandEyesのプラグインが有効であることを確認。
例:IE11は起動の際にアドオンを有効化:

ThousandEyesのプラグインが有効であることを確認

ブラウザーを再起動後、アドオンの状態を確認:
コマンドバーにEndpointエージェントを操作するボタンが表示されます:

コマンドバーにEndpointエージェントを操作するボタンが表示されます

4. ThousandEyesのクラウドアプリ上に新しいEndpointエージェントが表示されているかを確認。
Endpoint Agents > Agents Settings の画面:

コマンドバーにEndpointエージェントを操作するボタンが表示されます

新しいEndpointエージェントが表示されない場合、以下のリンクの内容に従い対応して下さい:
https://docs.thousandeyes.com/product-documentation/endpoint-agent/troubleshooting-endpoint-agent-issues

後編に続く